厳しいローン返済は任意売却で|スムーズに売買取引

不動産

滞納危機の住宅ローン対策

一軒家

競売より自己売却が有利

住宅ローンが滞納すると、銀行などの抵当に入っていた家が差し押さえられて、裁判所によって競売に出されます。競売というのは市場の相場よりも3割以上も安く売りに出されてしまうので、ローンの残債をなくすことはできないのです。結局、家を失った上に借金を背負うことになります。このような事態を防ぐためには、住宅ローンの返済が難しくなった時点で任意売却をすればいいのです。任意売却というのは、自分で家を売りに出すことです。競売とは違って一般の売買と同じですから、市場の相場価格で売ることができます。任意売却のメリットは、高く売れる可能性がある点です。高く売れた場合はその売却益でローンの残債をなくすことも可能ですし、余ったお金が出れば再出発の資金にすることもできます。

家に住み続けられる方法

競売よりも任意売却の方が高く売れるのが最大のメリットですが、それ以外にもメリットがあります。任意売却なので個人的に売却することもできるのです。そのため親兄弟や親類に売ることもできるのです。例えば兄弟に売却した場合、家賃を支払うという形でその家に住み続けることができるわけです。そのため、この方法は人気があります。また競売にかけられると世間に告知されてしまうのですが、任意売却には他人に知られる心配がないというメリットもあります。また親兄弟や両親に限らず、一般的に売却した場合でも、引越しまでの日程などを猶予してもらう可能性があるのもメリットです。任意売却をするには専門化のアドバイスが必要ですが、全国に無料相談窓口があるのでそれを利用すれば余計な費用をかけずに済みます。